国立大学医学部長会議
Council of Head of National Medical Schools of Japan

TEL.03-3813-4640

〒113-0034 東京都文京区湯島1-3-11
お茶の水プラザビル1階

代表者ご挨拶

小委員会・検討委員会委員長、WG座長、広報担当ごあいさつ

【大学医学部の教育病院の在り方に関する検討委員会】

委員長 山下 英俊 山形大学 医学部長

 大学医学部の教育病院の在り方に関する検討委員会委員長を拝命しております。大学病院は、教育、診療、研究、社会貢献など多くの機能をはたしております。これらの機能の中核として重要な役割を果たしている教員の処遇を経時的に検証することは、大学病院が教育病院として機能するためには大変重要なことです。
 本委員会は平成18年に嘉山孝正教授(山形大学医学部長)を委員長として設置されました。その趣旨を継承しつつ、有意義な情報を提供していく所存です。


【教育制度・カリキュラムに関する小委員会】

委員長 北川 昌伸 東京医科歯科大学 医学部長

 教育制度・カリキュラムに関する小委員会委員長を拝命しております。医学教育については学部教育・大学院教育・生涯教育を通じて長期間にわたる制度を構築する必要があるとともに、社会に対する責任も大きいものと考えられます。本委員会では医学部における教育のさらなる充実を目指して幅広い視点から教育制度やカリキュラムの在り方を検討していきたいと考えます。
 これまで本委員会で検討されてきた医学教育に対する多くの提言の内容とその趣旨を継承しつつ、新たな情報を取り入れて医学部での教育制度をさらによくできるよう努力する所存です。


【地域医療・医療人育成に関する小委員会】

委員長 染矢 俊幸 新潟大学 医学部長

 地域医療の充実とより良い医療人の育成は、医育機関である大学医学部にとって大変重要な課題です。2019年4月より、これらの事項に関する小委員会の委員長を引き継ぐことになりました。
 現在ホームページに、平成24年からの「地域医療を支える国立大学医学部の役割」シリーズに続いて、平成30年に始まった「卒前卒後の医学教育における国立大学医学部と地域医療機関との連携」と題するシリーズを掲載していますが、全国の医学部から大変貴重なご意見をいただいています。これらを踏まえて、新しい展開を考えていくことが委員会の役割になりますので、ご支援を宜しくお願いいたします。


【研究推進・大学院教育に関する小委員会】

委員長 門松 健治 名古屋大学 医学部長

  臨床系若手研究者の減少と基礎医学系講座における医学部出身研究者の減少は喫緊の問題となってきています。 これまで本小委員会では東京大学清水孝雄先生、山梨大学有田順先生を委員長として、研究医養成および大学院教育に関するアンケート調査を行うなど、この問題についてさまざまな方法で取り組んできました。さらに前任者の東京大学宮園浩平先生に委員長として大変な御尽力をいただき、平成24年度には文部科学省が大学改革推進事業「医学・医療の高度化の基盤を担う基礎研究医の養成」の募集を行い、財政支援が開始されました。本委員会では今後も継続して医学部における研究者の減少や研究力の低下の解決のためのヴィジョンを提案し、各大学の取り組みの支援を行っていきたいと考えます。



【研究倫理に関する小委員会】

委員長 赤池 雅史 徳島大学 医学部長

 前任の丹黒章委員長の後を受け「研究倫理に関する小委員会」委員長を拝命いたしました。臨床研究をめぐる不正が国民の信頼を大きく損なった事態を受け、平成30年4月1日に「臨床研究法」が施行されました。「臨床研究法」では、臨床研究の対象者をはじめとする国民の臨床研究に対する信頼の確保を図り、臨床研究の推進によって保健衛生の向上に寄与することを目的として、臨床研究の実施手続、認定臨床研究審査委員会の役割と業務、臨床研究に関する資金等の提供に関する情報の公表の制度等が定められています。臨床研究に対する国民の信頼回復と医学研究の推進による医療の発展に向けて、本小委員会の役割はますます増大すると思いますので、皆様のご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。


【放射線の健康リスク科学教育の必修化WG】

座長 永安 武 長崎大学 医学部長

 放射線の健康リスク科学教育の必修化WG 座長を前任の下川功先生より引き継ぎ拝命しました長崎大学医学部長の永安です。
 医学教育における放射線の健康リスク科学教育の必修化を、皆様のお力をお借りしながら実現してまいりたいと思います。
 どうかよろしくお願い申し上げます。



【臨床教育合同会議】(国立大学附属病院長会議との合同運営)

委員長 北川 昌伸 東京医科歯科大学 医学部長



【広報担当】

中山 俊憲 千葉大学 医学部長

 前任の横須賀 收先生より,引継ぎ常置委員会常任幹事及び広報担当に就任いたしました千葉大学医学部長 中山俊憲でございます。国立大学医学部長会議の活動は国立大学医学部及び医科大学における教育・研究等に係る諸問題や関連する重要事項について議論し,文部科学省や厚生労働省等の行政に対し,積極的に要望若しくは提言を行っていくことと理解しております。近年,臨床研修医制度,専門医制度,地域医療・医師偏在,利益相反などの研究倫理の問題等の課題が山積みとなっており,全国の国立大学医学部長が一堂に会する機会も限られている中での各種小委員会における諸問題についての洗い出し,最善の解決策探索に尽力していく委員会活動は重要なものであると認識しております。広報担当として,広く情報を発信することに努め,国立大学医学部長会議に微力ながらも貢献していければと思っておりますので,ご指導・ご鞭撻のほど,宜しくお願いいたします。

 



国立大学医学部長会議事務局国立大学医学部長会議

〒113-0034
東京都文京区湯島1-3-11
 お茶の水プラザビル1階
TEL 03-3813-4640
FAX 03-6801-8500