国立大学医学部長会議
Council of Head of National Medical Schools of Japan

TEL.03-3813-4640

〒113-0034 東京都文京区湯島1-3-11
お茶の水プラザビル1階

代表者ご挨拶

常置委員会委員長・副委員長・顧問・相談役ごあいさつ


常置委員会委員長・広報担当
松原 久裕 千葉大学医学部長

 この度、本会議における常置委員会委員長を拝命することとなりました。2020年より北川昌伸先生に、今年から引き続き東田修二先生と二名の常置委員会委員長の先生方に副委員長として勉強させて頂きました。またこの間、広報担当、医師の働き方改革における教育、研究の位置づけWG座長として本会議に係わらせて頂いております。現在、国立大学医学部を巡り大きな課題が山積しております。共用試験の公的化、医師の働き方改革の実施、地域医療・医療人育成等それぞれ委員会等において活発に議論されております。これまでの本邦における高度な医療・医学を担ってきた国立大学医学部の更なる発展を目指し南康博常置委員会副委員長、東田修二顧問、嘉山孝正相談役、岡部繁男常任幹事をはじめ常置委員会委員の皆様、会員各位に御協力いただき、その役務を果たすために尽力していく所存です。今後ともご指導、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。





 常置委員会副委員長
南 康博 神戸大学医学部長

 この度、松原久裕前常置委員会副委員長が常置委員会委員長に就任され、後任として常置委員会副委員長を拝命いたしました神戸大学の南康博です。新型コロナウイルス災禍に加え、本邦における医療の地域格差や研究力の低下などが取り沙汰される中、国立大学医学部への国民の皆さまの期待や要望には大きなものがあります。一方、国立大学医学部におけるこれからの時代を担う医師や研究医の育成においては課題が山積しており、本委員会の担う役割は大きなものがあります。本委員会委員長の松原久裕先生のご指導のもと、委員の皆さまとともに諸課題の解決に向けて取り組んで参る所存でおりますので、ご指導ご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。





   常置委員会顧問
東田 修二 東京医科歯科大学医学部長

 令和4年10月より常置委員会の顧問に就任いたしました東田修二です。常置委員長在任中はご指導、ご支援を賜りまして、誠に有難うございました。今後の2年間は共用試験の公的化と医師の働き方改革において、国立大学医学部長会議は大きな役割を担っております。長期的にも、地域枠を含めた医学部入学定員の問題や、大学の研究力低下への対応など、本会議が取り組むべき課題は多く、常置委員長の松原久裕千葉大学医学部長のリーダーシップのもと、皆で課題に取り組む所存です。医療のさらなる向上に対して、国民の皆様から国立大学医学部に向けられる期待は大きく、本会議がこれに寄与できますよう、ご指導、ご支援の程、よろしくお願い申し上げます。




   常置委員会相談役
 嘉山 孝正 東京脳神経センター 所長・院長

 今般、先生方と共に国立大学医学部長会議に参加させて頂く事になりました。私と国立大学医学部長会議との歴史を記し、活動の原理、原則を御理解御願いいたします。私は、国立大学医学部長会議に足かけ7年間関わりました。その間、国立大学の法人化、新臨床研修制度の強制、CBTの導入等が医学部を取り巻く問題でした。法人化では、附属病院の診療内容に経済至上主義が導入され、公定価格で行っている医療を経済至上主義的ではできないことを社会に理解して貰う活動を行いました。結果、昨年の診療報酬改定に結びつき、やっと大学病院が一息ついたと思っています。しかし、一方、教授会の権威失墜等の問題が起きた大学もあり、国立大学法人を改正することも考慮しなければならないと思っています。また、自立という理由で、運営費交付金が毎年削減されていることは日本の高等教育の危機と思っています。更に新臨床研修制度の強制で「診療科の偏在」、「基礎医学者の減少」、「地域偏在」が起きることを8年前に本会議でも訴えましたが、そのまま進み現在に至っております。臨床研修制度の問題点は、卒業生全員に強制した事でした。臨床医研修の質が上がったかもしれませんが失った多くのものを補わねば日本の医学、医療が崩壊すると思っています。向後は、先生方と医学、医学教育、医療を国民の目線で、より良くなるように働きたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。


委員会委員長 →ご挨拶はこちら

◇大学医学部の教育病院の在り方に関する検討委員会
                     委員長  八重樫伸生 東北大学 医学部長
◇教育制度・カリキュラムに関する委員会  委員長  田中  誠 筑波大学 医学群長
◇地域医療・医療人育成に関する委員会   委員長  染矢 俊幸 新潟大学 医学部長
◇研究推進・大学院教育に関する委員会   委員長  岡部 繁男 東京大学 医学部長
◇研究倫理に関する委員会         委員長  西岡 安彦 徳島大学 医学部長
◇臨床教育合同会議            (国立大学病院長会議との合同運営)

◇広報担当                     松原 久裕 千葉大学 医学部長



2020.6.4更新


国立大学医学部長会議事務局国立大学医学部長会議

〒113-0034
東京都文京区湯島1-3-11
 お茶の水プラザビル1階
TEL 03-3813-4640
FAX 03-6801-8500