国立大学医学部長会議
Council of Head of National Medical Schools of Japan

TEL.03-3813-4640

〒113-0034 東京都文京区湯島1-3-11
お茶の水プラザビル1階

代表者ご挨拶

常置委員会委員長・副委員長・顧問・相談役ごあいさつ


   常置委員会委員長
 丸山 眞杉 宮崎大学医学部長

 このたび、常置委員会委員長を内木宏延福井大学医学部長より引き継ぐことになりました宮崎大学の丸山です。ミッションの再定義、医学教育分野別認証評価基準や、卒業時モデル・コア・コンピテンシーに対応した学部教育の改革、新専門医制度の導入・実施に伴う卒後教育の確立が待ったなしで求められております。学部臨床教育の改革は確実に進展しつつありますが、基礎医学教育の改革はこれから手を着けるべき課題です。医学研究の衰退も重大な問題であり、早急な対処が必要です。解決すべき問題は山積みであります。しかも、これらの難問解決を運営費交付金の激減環境下で実行しなければなりません。特に国立大学医学部として地域医療確保のためにすべきことは多でありますが、初期臨床研修の抜本的改革と専門医プログラムへの接続のための仕組み作りもその途上にあります。現在なお拡大傾向にある研修医の大学離れや医師偏在を是正するためには思い切った変革も必要と考えます。将来の医師需給を睨んだ医学部入学定員や地域枠入試のあり方なども含めて、大局的に議論する必要があるでしょう。これらの諸問題は一大学医学部で当然解決できるはずもなく、他の医学部との協力はもとより、関係諸機関との密接な連携・交渉が必要とされます。時の巡り合せで委員長を拝命し、少々不安ではありますが、国立大学医学部長会議の責務は重大であると認識しております。副委員長、顧問、相談役を始め、皆様のお力添えを頂きながら国立大学医学部としての立ち位置から種々議論を重ね、積極的に発信して行く所存でございます。御指導、ご鞭撻の程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。



  常置委員会副委員長
宮園 浩平 東京大学医学部長

 丸山宮崎大学医学部長の常置委員会委員長就任にともない、常置委員会副委員長を拝命することになりました東京大学の宮園です。平成30年までに常置委員会委員長職をすべての国立大学が一度経験することになります。これに伴い平成31年から委員長職の任期は2年となります。これは昨今の国立大学を取り巻く様々な困難な状況に迅速かつ適切に対応するには、委員長が1年毎に交代するのでは難しいという判断によります。国立大学医学部長会議の責務は今後ますます重要となっていくと思われます。副委員長として丸山委員長を補佐しつつ、諸先生方のご指導をいただきながら努力する所存です。皆様のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。



   常置委員会顧問
内木 宏延 福井大学医学部長

 このたび、常置委員会顧問を、守山正胤大分大学医学部長より引き継がせて頂くことになりました福井大学の内木(ないき)でございます。申し上げるまでも無く、国立大学は厳しい変革期に直面しています。「国立大学改革プラン」等に基づき、「ミッションの再定義」で明らかにされた各大学の強み・特色・社会的役割を踏まえ、機能強化を迅速、確実に実行していかなければなりません。その中にあって、医学教育分野別認証評価基準(国際認証)への取り組みをはじめとする卒前教育のあり方、初期臨床研修制度の抜本的改革、平成30年度から実施される新専門医制度への対応、基礎医学研究者の育成、研究倫理など、医学部にも教育、研究、地域医療に関する問題が山積し、本会議の果たすべき役割は極めて重要なものがあると考えています。これらの問題解決に向けて、微力ではございますが、委員長、副委員長、相談役ならびに小委員会委員長の先生方と十分に相談させて頂くと共に、国立大学附属病院長会議や全国医学部長病院長会議とも十分な連携を図らせて頂きながら、国立大学医学部としての議論を深め、積極的に発信して行く所存でございます。皆様の御指導、御支援の程、どうぞ宜しくお願い申し上げます。



    常置委員会相談役
嘉山 孝正 山形大学医学部参与・特任教授

 今般、先生方と共に国立大学医学部長会議に参加させて頂く事になりました。私と国立大学医学部長会議との歴史を記し、活動の原理、原則を御理解御願いいたします。私は、国立大学医学部長会議に足かけ7年間関わりました。その間、国立大学の法人化、新臨床研修制度の強制、CBTの導入等が医学部を取り巻く問題でした。法人化では、附属病院の診療内容に経済至上主義が導入され、公定価格で行っている医療を経済至上主義的ではできないことを社会に理解して貰う活動を行いました。結果、昨年の診療報酬改定に結びつき、やっと大学病院が一息ついたと思っています。しかし、一方、教授会の権威失墜等の問題が起きた大学もあり、国立大学法人を改正することも考慮しなければならないと思っています。また、自立という理由で、運営費交付金が毎年削減されていることは日本の高等教育の危機と思っています。更に新臨床研修制度の強制で「診療科の偏在」、「基礎医学者の減少」、「地域偏在」が起きることを8年前に本会議でも訴えましたが、そのまま進み現在に至っております。臨床研修制度の問題点は、卒業生全員に強制した事でした。臨床医研修の質が上がったかもしれませんが失った多くのものを補わねば日本の医学、医療が崩壊すると思っています。向後は、先生方と医学、医学教育、医療を国民の目線で、より良くなるように働きたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。


小委員会委員長 →ご挨拶はこちら

◇大学医学部の教育病院の在り方に関する検討委員会
                     委員長  山下 英俊 山形大学 医学部長
◇教育制度・カリキュラムに関する小委員会 委員長  北川 昌伸 東京医科歯科大学 医学部長
◇地域医療・医療人育成に関する小委員会  委員長  田中 榮司 信州大学 医学部長
◇研究推進・大学院教育に関する小委員会  委員長  宮園 浩平 東京大学 医学部長
◇研究倫理に関する小委員会        委員長  丹黒  章 徳島大学 医学部長
◇放射線の健康リスク科学教育の必修化WG  座 長  永安  武 長崎大学 医学部長
◇臨床教育合同会議            委員長  北川 昌伸 東京医科歯科大学 医学部長
 (国立大学附属病院長会議との合同運営)

◇広報担当                     中山 俊憲 千葉大学 医学部長



国立大学医学部長会議事務局国立大学医学部長会議

〒113-0034
東京都文京区湯島1-3-11
 お茶の水プラザビル1階
TEL 03-3813-4640
FAX 03-6801-8500
Mail info@chnmsj.jp