国立大学医学部長会議
Council of Head of National Medical Schools of Japan

TEL.03-3813-4640

〒113-0034 東京都文京区湯島1-3-11
お茶の水プラザビル1階

代表者ご挨拶

常置委員会委員長・副委員長・顧問・相談役ごあいさつ


   常置委員会委員長
北川 昌伸 東京医科歯科大学医学部長

 この度、国立大学医学部長会議の常置委員長を拝命することになりました東京医科歯科大学の北川昌伸です。現在は新型コロナウイルス感染拡大の影響で以前の様には課題の解決が進めにくいところではありますが、全国の大学医学部に国民の皆様や国から向けられる期待は非常に大きなものと考えられます。その中で国立大学医学部長会議は迅速かつ的確に諸問題に対応する責務を負うべき機能を持った組織と考えております。医学部入試・定員問題、学部教育・初期研修・専門研修における課題、大学の研究力低下の問題、診療における諸課題、新型コロナウイルス感染対策等に対して国立大学医学部長会議ならではの視点と方略を持って臨むことができるよう努めます。これらの解決に向けては、相談役の嘉山孝正先生、前常置委員長の齊藤延人先生のご指導の下、副委員長をはじめ常置委員の皆様と真摯に取り組んでいきたいと考えています。国立大学医学部長会議の更なる発展に向けて最大限の努力をする所存でございますので、皆様のご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。





 常置委員会副委員長・広報担当
松原 久裕 千葉大学医学部長

 この度、中山俊憲前医学部長が学長に就任され、その後任として医学部長を拝命した千葉大学の松原です。本会議における常置委員会副委員長を後任として拝命することとなりました。また、広報担当も仰せつかりました。現在、COVID-19の状況下における医学教育、診療、その中での研究の推進、働き方改革への対応、専門医制度と地域医療への対応等国立大学医学部を取り巻く環境は厳しく、また大きな問題に直面しております。本会議の果たす役割は極めて大きく、常置委員長の北川昌伸東京医科歯科大学医学部長を支え、広報担当としてもその役務を果たしていく所存です。皆様のご指導、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。





   常置委員会顧問
岡部 繁男 東京大学医学部長

 この度、常置委員会顧問に就任いたしました岡部繁男です。常置委員長、そして常置委員会顧問として本会議に参加してこられた齊藤延人先生を引き継いで参加させていただきます。日本の医学・医療への社会からの期待は、新興感染症の国民に与える影響が長期化する中で益々大きくなっております。国立大学医学部長会議においても、従来の取り組みに加えてコロナウィルス感染症への対策、さらに長期的な新興感染症制御に向けた方策について検討を進める必要があると考えます。また様々な社会的要請に応えるためには、医学部の運営と経営の足腰を強くすることがまず重要ですので、国立大学自体の問題と、特に医学部および附属病院における問題を整理しながら議論を進められればと思います。本委員会委員長の北川昌伸先生のご指導の下、委員の皆様と共に課題解決に取り組む所存です。ご指導の程、何卒よろしくお願いいたします。





   常置委員会相談役
 嘉山 孝正 山形大学顧問

 今般、先生方と共に国立大学医学部長会議に参加させて頂く事になりました。私と国立大学医学部長会議との歴史を記し、活動の原理、原則を御理解御願いいたします。私は、国立大学医学部長会議に足かけ7年間関わりました。その間、国立大学の法人化、新臨床研修制度の強制、CBTの導入等が医学部を取り巻く問題でした。法人化では、附属病院の診療内容に経済至上主義が導入され、公定価格で行っている医療を経済至上主義的ではできないことを社会に理解して貰う活動を行いました。結果、昨年の診療報酬改定に結びつき、やっと大学病院が一息ついたと思っています。しかし、一方、教授会の権威失墜等の問題が起きた大学もあり、国立大学法人を改正することも考慮しなければならないと思っています。また、自立という理由で、運営費交付金が毎年削減されていることは日本の高等教育の危機と思っています。更に新臨床研修制度の強制で「診療科の偏在」、「基礎医学者の減少」、「地域偏在」が起きることを8年前に本会議でも訴えましたが、そのまま進み現在に至っております。臨床研修制度の問題点は、卒業生全員に強制した事でした。臨床医研修の質が上がったかもしれませんが失った多くのものを補わねば日本の医学、医療が崩壊すると思っています。向後は、先生方と医学、医学教育、医療を国民の目線で、より良くなるように働きたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。


小委員会委員長 →ご挨拶はこちら

◇大学医学部の教育病院の在り方に関する検討委員会
                     委員長  八重樫伸生 東北大学 医学部長
◇教育制度・カリキュラムに関する小委員会 委員長  田中  誠 筑波大学 医学群長
◇地域医療・医療人育成に関する小委員会  委員長  染矢 俊幸 新潟大学 医学部長
◇研究推進・大学院教育に関する小委員会  委員長  門松 健治 名古屋大学 医学部長
◇研究倫理に関する小委員会        委員長  赤池 雅史 徳島大学 医学部長
◇臨床教育合同会議            委員長  北川 昌伸 東京医科歯科大学 医学部長
 (国立大学病院長会議との合同運営)

◇広報担当                     松原 久裕 千葉大学 医学部長



2020.6.4更新


国立大学医学部長会議事務局国立大学医学部長会議

〒113-0034
東京都文京区湯島1-3-11
 お茶の水プラザビル1階
TEL 03-3813-4640
FAX 03-6801-8500